1.ホーム
ホーム
2.事務所概要
事務所概要
3.事務所ポリシー
事務所ポリシー
4.弁理士紹介
弁理士紹介
5.お知らせ
お知らせ
6.採用情報
採用情報
7.お問い合わせ
お問い合わせ
8.地図
地図
事務所ポリシー

(1)クライアント・インタレスト・ファースト(顧客利益第一主義)

 
当事務所は、お客様の利益を一番に考えます。
そのため、特許、実用新案登録に関しては高品質な明細書を提供いたします。
高品質な明細書は、特許権等の権利を取得してから特に有効になります。
すなわち、ライセンス交渉や、民事訴訟(差止請求訴訟、損害賠償訴訟)を有利に進めることができます。

高品質な明細書

 例えば、特許の場合、特許権の権利範囲はどこまでか、特許要件は満たされているかどうか、権利侵害であるかどうか、等は、全て明細書の内容に基づいて判断がなされます。言い換えれば、権利化や、その後の権利行使の成否は明細書のできに影響されます。

 ここで、考えなければいけないのは、明細書の内容に基づいて、誰が何を判断するかです。権利化の手続きにおいては、明細書を読み、それに基づく判断を行うのは、主に特許庁の審査官、審判官です。一方、権利行使における手続きにおいては、裁判所の判事が判断を行います。また、ライセンス交渉においては、ライバル会社の担当者です。

 つまり、明細書を読み、それから判断を行うのは、様々なバックランドを持った、種々の人たちです。そして、全員が同じ考えを持ち、同じ判断をするとは限りません。

 我々は、このような事情を踏まえて、多くの人が発明を把握しやすいよう明細書を作成します。これにより、特許庁における審査の際には、審査官が特許を付与しようという心証を形成しやすくします。また、権利行使の際には、裁判所における発明に対する心証が良くなり、勝訴の可能性が高まります。ライセンス交渉の際には、相手方に対するスキが無くなり、交渉を円滑に進めることができます。

(2)高機動力(素早い対応)


 当事務所は、お客様が満足行くサービスを提供するため、できるだけ、お客様の生の声を聞くため伺いに参ります。また、お客様の知財戦略上、どうしても短時間で出願をしなければならない場合は、迅速に明細書等の作成を行います。勿論、このような場合であっても、明細書の品質を下げることは行いません。

(3)積極的な面接審査


 我々は、特許などの審査において、積極的に面接審査を行い、権利化を促進させます。我々は、審査官に、お客様の発明の理解を深めてもらうためには、面接審査は有効な手段であると考えます。